Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2019年度政府セキュリティ関連予算の概算要求額は852.8億円 - 2018年度当初予算の約1.4倍

2019年度における政府のサイバーセキュリティ関連予算の概算要求は852億8000万円にのぼることがわかった。2018年度の当初予算621億1000万円の約1.4倍にあたる。

20180926_ni_001.jpg
セキュリティ関連予算概算要求の省庁別内訳(グラフ:NISC)

内閣サイバーセキュリティセンターが取りまとめたサイバーセキュリティ関連予算の概算要求について、省庁ごとの内訳を見ると、防衛省が27.1%でトップ。総務省が17.2%、経済産業省が14.7%と続く。

以下、文部科学省(12.4%)、厚生労働省(7.2%)、内閣サイバーセキュリティセンター(5.0%)、警察庁(3.2%)となる。

いずれもサイバーセキュリティに関する予算として切り分けられない施策は含まれない。

20180926_ni_003.jpg
セキュリティ関連予算の推移(グラフ:NISC)

(Security NEXT - 2018/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
「SECURITY ACTION」宣言事業者の課題は? - 意識の低さや人材不足などに課題
IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割
38%の企業がセキュリティ投資を増額 - それでも65%は「不足」
サーバなど4分の1の機器で不用意にポート公開 - サイト1割強がメンテ経路を開放
セキュリティの専門家がいる企業は65% - 国内では51%
セキュリティ担当者を配備する企業は2割未満 - 約6割が「現状で十分」
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%