Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「DX」への期待、「特になし」が3割以上 - 課題は人材や予算不足

「デジタルトランスフォーメーション(DX)」において、人材や予算の不足が課題になっている。「業務時間短縮」などの効果を期待する声が目立つが、DXに期待することが「特にない」との声も3割以上にのぼるという。

LegalForceが、10月20日に企業や組織における「DX」の進捗状況に関するインターネット調査を実施し、結果を取りまとめたもの。会社員、会社役員、公務員など1000人が回答した。

回答者が所属する部署において「DX」が進んでいるか聞いたところ、「進んでいる」が6.1%、「まあ進んでいる」が16.8%、「いま着手し始めた」が8.7%だった。一方、「あまり進んでいない」は19.5%、「まったく進んでいない」が15.6%、「よくわからない、知らない」が33.3%となっている。

DXを推進するうえでの課題については、「推進者の不在」が33.5%、「予算不足」が27.9%だった。課題があるとする回答者のうち、「解決に向けて取り組んでいる」と答えたのは8.6%にとどまり、「解決方法を検討している段階」「解決方法の検討までは行っていない」がいずれも27.7%、「解決しようとしているか知らない」が36.0%だった。

「DX」に期待することを尋ねたところ、「業務時間短縮」が41.0%でもっとも多かった。次に多かったのが「特にない」で34.6%にのぼったという。さらに「作業ミス、入力ミスの減少(34.0%)」「人材不足の解消(23.7%)」「属人化していた業務の仕組み化(20.4%)」が続いた。

(Security NEXT - 2021/11/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
IPA、「DX白書2021」を公開 - 日米の差が明らかに
政府、「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
IPA、「IPAデジタルシンポジウム2021」を開催 - 「DX」を中心にセキュリティなど議論
「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」が改定 - 事例を追加
政府、「次期サイバーセキュリティ戦略」のパブコメ実施
4月に「Interop Tokyo 2021」、会場開催も - テーマは「DX」
JNSAが選ぶ2020年10大ニュース、気になる1位は……
ランサム攻撃受けた国内企業の約3割が身代金払う - 平均1.23億円
政府、「企業のプライバシーガバナンスガイドブック」を策定