Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人データの出所や加工履歴、同意状況を一元管理する新技術 - 富士通研

富士通研究所は、入手したデータの加工履歴や提供同意状況を一元管理できる技術「ChainedLineage」を開発した。

「ChainedLineage」は、複数の企業や個人から入手したデータの出所や加工履歴、個人データの本人提供同意の状況といった来歴情報などを管理する技術。

従来、企業ごとに保有していたデータ加工履歴情報と、ブロックチェーン上で共有されている企業間のデータ取引履歴情報を、それぞれのハッシュ値を介して統合。企業をまたがったデータの追跡や改ざんの検出が可能になるとしている。

またブロックチェーンを応用したデータ流通基盤「富士通VPXテクノロジー」上に、個人データ利用許可の同意ポータルを配置。データ要求元に対する本人の提供同意が取れているか確認したうえでデータへのアクセス権を与えることが可能。

同技術は2019年度の実用化を目指し、実証実験を進める予定としている。

20180926_fl_001.jpg
「ChainedLineage」の利用イメージ(画像:富士通研究所)

(Security NEXT - 2018/09/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

預り内容など顧客情報含む受取書が所在不明 - 青い森信金
日立ら、情報銀行に向けて実証実験 - 従業員200人のデータ活用
欧州委員会、日本の十分性認定を閣議決定 - 手続きを準備
GDPRにおける個人データ侵害通知のガイドラインなどに日本語仮訳
38種類の加工方法を実装した匿名加工情報作成ソフト - NTT-TX
個人データの相互移転、日EUが最終同意 - 今秋に運用開始
GDPRの理解を問う試験を提供 - EXIN JAPAN
6割強が「個人情報の保護を怠る企業からは購入しない」
企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化