Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CODE BLUE」、基調講演にMikko Hyppönen氏ら招聘

20180828_cb_001.jpg
Mikko Hyppönen氏

国内発のセキュリティカンファレンスである「CODE BLUE」は、基調講演にF-SecureのMikko Hyppönen氏と、NATOサイバーセンターアンバサダーを務めるKenneth Geas氏を招聘すると発表した。

Mikko Hyppönen氏はサイバー空間における軍拡競争をテーマに取り上げるとしており、Kenneth Geas氏は、国家間のサイバーセキュリティにおける動向について講演する予定。

また次回カンファレンスでは、2017年よりスタートした「サイバー犯罪対策特別トラック」のほか、「Blockchainトラック」「Law&Policyトラック」を新設したことを受け、レビューボードのメンバーを拡充した。

あわせて10月29日、30日に開催するトレーニングの内容についても発表している。

(Security NEXT - 2018/08/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「CODE BLUE CTF予選」が7月28日に開催
CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎
セキュリティ分野の総務大臣奨励賞 - 「CODE BLUE」篠田氏など3者が受賞
セキュリティ国際会議「CODE BLUE 2017」が開催中 - 論文採択率は約2割
「CODE BLUE 2017」の全22講演が決定
攻殻機動隊コラボの女性限定CTF、「CODE BLUE」で開催
「CODE BLUE」の基調講演にGeorge Hotz氏 - 「犯罪対策トラック」やCTFなど新企画も
セキュリティ国際会議「CODE BLUE」の次回開催は11月