Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムセキュリティカンファレンスで講演募集 - JPCERT/CC

JPCERTコーディネーションセンターは、2019年2月15日に開催する「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」の講演を募集している。

同カンファレンスは、制御システムにおけるセキュリティ対策技術の向上を目的に開催するもの。国内外の制御システムにおける脅威動向と、関連業界における取り組みなどを共有する。会場は東京都台東区の浅草橋ヒューリックホール。

同センターでは開催に先立ち、同カンファレンスの講演を募集。テーマは制御システムのセキュリティ全般で、特に「安全計装システムのセキュリティ、およびマルウエアHatMan」「自組織で起きたセキュリティインシデントの対応事例、セキュリティ対策の内容」「制御システムセキュリティに関する調査、研究結果などに関する内容」の3点が重点テーマとしている。

講演時間は30分と50分のいずれかを選択。必要事項を記入のうえ、メールで申し込む。締め切りは9月14日必着。詳細はウェブサイトから。

(Security NEXT - 2018/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

4月開催「Interop Tokyo 2020」が中止に - コロナ状況の見通し立たず
「CODE BLUE 2020」の開催日程が決定 - CFPは春ごろ開始予定
東名阪で「Security Days 2020」がまもなく開催
SECCON 2019決勝、今週末に開催 - 講演などイベント盛り沢山
「JNSA賞」の受賞者を発表 - 特別賞に「nao_sec」
都内で「制御システムセキュリティカンファレンス」を開催
実務者向けイベント「JSAC 2020」が開催決定 - CFPを開始
CODE BLUE 2019開幕 - 脅威トレンドや世界情勢を反映
CODE BLUE 2019の全講演が決定 - 政策から話題の脆弱性までテーマ充実
「Security Days Fall 2019」を開催 - 100超の講演を予定