Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

制御システムセキュリティカンファレンスで講演募集 - JPCERT/CC

JPCERTコーディネーションセンターは、2019年2月15日に開催する「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」の講演を募集している。

同カンファレンスは、制御システムにおけるセキュリティ対策技術の向上を目的に開催するもの。国内外の制御システムにおける脅威動向と、関連業界における取り組みなどを共有する。会場は東京都台東区の浅草橋ヒューリックホール。

同センターでは開催に先立ち、同カンファレンスの講演を募集。テーマは制御システムのセキュリティ全般で、特に「安全計装システムのセキュリティ、およびマルウエアHatMan」「自組織で起きたセキュリティインシデントの対応事例、セキュリティ対策の内容」「制御システムセキュリティに関する調査、研究結果などに関する内容」の3点が重点テーマとしている。

講演時間は30分と50分のいずれかを選択。必要事項を記入のうえ、メールで申し込む。締め切りは9月14日必着。詳細はウェブサイトから。

(Security NEXT - 2018/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「CODE BLUE」カンファレンスが開幕、1100人以上が参加 - 法律やブロックチェーンの講演にも注目
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
アナリスト向け会議「JSAC 2019」 - 論文の2次募集がスタート
「Security Days Fall 2018」を開催 - 10月上旬に東京大阪で
11月に都内で「AVTOKYO2018」開催 - まもなくCFPが締切
「CODE BLUE」、基調講演にMikko Hyppönen氏ら招聘
「CODE BLUE CTF予選」が7月28日に開催
CODE BLUE、今秋開催に向けてCFP開始 - 経済学、心理学面からの論文も歓迎
アナリスト向け国内カンファレンス「JSAC 2019」が開催決定 - 論文募集を開始