Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、北九州にセキュリティ事業の技術拠点

ラックは、2019年1月にサイバーセキュリティ事業の技術拠点となる「ラックテクノセンター北九州」を開設する。

同センターは、同社におけるセキュリティ対策サービスの開発、地域の自治体や企業に対するセキュリティ対策の支援を進める拠点として北九州市に開設するもの。日本有数の工業地帯であり、ものづくりが盛んであることなどから、選定したという。

規模は約308平方メートルで、同年4月から従業員15人で運用を開始する予定。当初は、おもにセキュリティ監視センター「JSOC」の基幹システム「LAC Falcon」の開発と保守機能を担う。

また、北九州地域の人材採用を拡大し、セキュリティ技術者の育成を推進したい考え。

(Security NEXT - 2018/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BEC」に見えた内通者の影 - なりすまされる「リスク」も
セキュ製品が期待通り機能せず、侵害発生後に判明 - 半数が経験
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響
セキュアIoT生体医工学の拠点形成で研究成果を発表 - TDU
IPA、セキュ製品有効性検証の課題抽出で協力製品募集
MS、APAC初「エクスペリエンスセンター」を開設
JSOLとBBSecが協業、クラウド導入とセキュ対策を提供
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
IoT製品市場における日本シェアは24%、世界トップ
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%