Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

重要インフラ事業者へランサムウェアについて注意喚起 - NISC

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)は、ランサムウェアによる被害が相次いで確認されているとして、重要インフラ事業者に対し、注意喚起を実施した。

ランサムウェアを用いた攻撃が活発化し、データの暗号化や窃取といった被害が相次いで発生しており、重要インフラ事業者で被害が生じた場合は社会的な影響も大きいことから注意を呼びかけたもの。

予防や検知、対応、復旧の観点から対策を講じるよう、具体的な対策やチェックポイントを示している。予防策として、インターネットに公開された機器、VPNなどテレワークに利用する機器、RDPプロトコルなどの脆弱性に対する攻撃や、対策が手薄な海外拠点、マルウェア感染による多重感染などへの対策を求めた。

バックアップについても従来同様有効であるとする一方、データの窃取をともなう二重脅迫が行われるケースもあるとし、機微データの厳密な管理についてもあらためて検討するよう促した。

さらにログ監視の強化や、振る舞いによる検知、EDRの活用など、自動化も含めた迅速な検知や、被害を受けた場合も冷静に対応できるよう対応計画や連絡体制の確認など、体制整備を呼びかけている。

(Security NEXT - 2021/04/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

金融機関向けASPサービスに不正アクセス - トレードワークス
日産証券のオンライン取引システムで障害 - ランサム感染か
不正アクセスによる障害で3サービスを当面停止 - 日産証券
サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
コロナ禍2度目のGW、セキュ対策を再確認 - 感染時リスクも想定を
ランサムウェア「Cring」、脆弱VPN機器を標的 - 制御システムが停止する被害も
カプコンへの不正アクセス、侵入経路は予備に残した以前のVPN機器
3割がセキュ投資増額、56.3%で被害経験 - IDC調査
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因