Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年度下半期の「J-CRAT」相談は201件 - レスキュー支援が増加

2020年度下半期にサイバーレスキュー隊へ寄せられた標的型攻撃に関する相談は201件だった。57件に対してレスキュー支援を実施している。

情報処理推進機構(IPA)では、標的型攻撃による被害の低減を目指し、2014年7月よりサイバーレスキュー隊「J-CRAT」の活動を展開しており、2020年度下半期の活動状況を取りまとめた。

2020年9月から2021年3月までの2020年度下半期に寄せられた標的型攻撃に関する相談は201件。同年上半期の205件から微減となった。

一方レスキュー支援は、上半期の45件から57件へと増加している。このうち隊員を派遣する「オンサイト支援」を行ったのは12件で、前期5件の2倍以上に膨らんだ。

2020年度全体では406件の相談に対応。前年度の392件からやや増加している。一方リモートレスキューは、年間を通じて見ると102件となり前年度の139件を大きく下回った。オンサイトレスキューについても20件から17件へと減少している。

(Security NEXT - 2021/06/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
2021年度下半期、標的型攻撃対応で62件の緊急レスキュー実施
セキュリティ対策に貢献した研究者や実務者に感謝状 - JPCERT/CC
国内のランサムウェア遭遇リスクが4割近く上昇
J-CSIP、標的型攻撃情報29件を共有 - FAX起点とするBECも
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
セキュリティ対策に意欲ある都内中小企業に支援策 - 東京都
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知