Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定

政府のサイバーセキュリティ戦略本部は、7月25日に今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を決定し、旧戦略から同戦略への変更が同月27日に閣議で決定された。

同戦略は、サイバーセキュリティ基本法に基づき、サイバーセキュリティ政策の基本的な計画を取りまとめたもの。

変更にあたっては、5月から6月にかけてパブリックコメントを実施。結果を踏まえて政府のサイバーセキュリティ戦略本部の第19回会合で決定し、同月27日の閣議決定で同案に変更した。

2015年9月に決定された戦略が3年間の期限を迎えることから、あらたな戦略を策定したもので、技術や脅威、周辺などの近年動向を踏まえ、今後3年間の施策の目標や実施方針が含まれる。

(Security NEXT - 2018/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMware、Carbon Blackの買収で合意
政府、年度計画「サイバーセキュリティ2019」を決定 - 2020年の予算重点化方針も
重要インフラ業者の安全基準策定指針 - パブコメ実施
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
GDPR「適正に個人情報を移転」は34% - 3分の1は未対応
中南米のセキュリティ体制やCSIRT動向は? - JPCERT/CCが調査報告
2019年度に実施すべきサイバーセキュリティ施策は - 政府が意見募集
政府、「サイバーセキュリティ意識・行動強化プログラム」で意見募集 - 1月4日まで
政府、重要インフラ14分野で横断的サイバー演習 - 3077人が参加
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など