Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定

政府のサイバーセキュリティ戦略本部は、7月25日に今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を決定し、旧戦略から同戦略への変更が同月27日に閣議で決定された。

同戦略は、サイバーセキュリティ基本法に基づき、サイバーセキュリティ政策の基本的な計画を取りまとめたもの。

変更にあたっては、5月から6月にかけてパブリックコメントを実施。結果を踏まえて政府のサイバーセキュリティ戦略本部の第19回会合で決定し、同月27日の閣議決定で同案に変更した。

2015年9月に決定された戦略が3年間の期限を迎えることから、あらたな戦略を策定したもので、技術や脅威、周辺などの近年動向を踏まえ、今後3年間の施策の目標や実施方針が含まれる。

(Security NEXT - 2018/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内IT大手3社、セキュリティ技術者の共通人材モデル14種類を策定
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
クラウド利用のセキュリティポリシー、策定するも遵守に不安の声
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施
政府、セキュリティ経営や人材育成で報告書 - パブコメ実施
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
米SymantecとNTTセキュリティ、CASBの活用で協業
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
政府、重要インフラの安全基準策定指針を改訂 - 特に考慮すべき対策項目など