Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スマートシティのサイバーセキュリティベストプラクティスを公開 - 米英など

英米など5カ国のセキュリティ機関は、スマートシティにおけるサイバーセキュリティのベストプラクティスを共同で取りまとめ、公表した。

米国のサイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)、国家安全保障局(NSA)、米連邦捜査局(FBI)、イギリスの国家サイバーセキュリティセンター(NCSC UK)をはじめ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドのサイバーセキュリティセンターなどが共同で取りまとめたもの。

最新の技術を活用し、データ駆動型の意思決定などを行うスマートシティはより安全で効率的なコミュニティを形成する可能性を秘める一方、悪意のある国家やサイバー犯罪者、ハクティビスト、内部脅威者、テロリストなどの攻撃者に狙われ、重要なインフラストラクチャの運用に支障をきたしたり、公衆衛生や国家安全保障、経済安全保障などへ影響を及ぼすおそれがあると指摘。

リスクの評価や運用を通じて個人や政府、企業などのデータや重要インフラにおけるセキュリティを確保するための方策などを紹介している。

具体的には、相互接続されるスマートシティにおける攻撃対象領域や情報通信技術におけるサプライチェーンリスクなどを解説。推奨事項として「セキュアな計画と設計」「プロアクティブなサプライチェーンリスクマネジメント」「レジリエンス戦略」などを示している。

(Security NEXT - 2023/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JetBrainsの「TeamCity」深刻な脆弱性 - 詳細も公開、早急に対処を
2月修正のWindows脆弱性、北朝鮮グループがゼロデイ攻撃に悪用
Rapid7が「TeamCity」脆弱性の詳細を公開 - 報告側と修正側で意識に差
発覚2カ月前にもマルウェア実行の痕跡、情報流出は否定 - こころネット
アジア地域の若年層向けCTF大会「ACSC 2024」が3月下旬に開催
バックアッププラグイン「WPvivid」の旧版に深刻な脆弱性
案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性