Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Software ISAC」を8月に設立 - 情報共有やPSIRT設置支援など展開

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、「Software ISAC(Software Information Sharing and Analysis Center)」を8月に設立し、活動を開始すると発表した。

ソフトウェア開発におけるセキュリティの課題へ対応することを目指すとしている。リーダーには、トレンドマイクロの萩原健太氏が就任する予定。

当初は約500社の同協会正会員企業を対象に活動。またソフトウェア関連団体や国内の他ISACとの連携なども進め、ソフトウェアにおけるセキュリティの課題を抱える企業が参加可能な体制を構築したいとしている。

具体的な活動としては、参加組織における知見の向上、脆弱性や脅威に関する情報の共有、JPCERTコーディネーションセンターやOWASP Japanなど外部組織との連携、脆弱性の早期発見に向けたプログラムの検討、「PSIRT(Product Security Incident Response Team)」の設置支援などを掲げている。

(Security NEXT - 2018/07/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
PHPに脆弱性、セキュリティ更新がリリース - 不正プログラムをインストールされる可能性も
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
総務省、重要IoT機器の脆弱性調査を実施 - 脆弱な機器の所有者へ注意喚起も
巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化
注目事件へ便乗するマルウェアメールに注意を - 「WannaCrypt」騒ぎにも便乗か
総務省ら、ISP経由でマルウェア感染者に注意喚起 - 欧州大規模掃討作戦で得られた情報を活用
三井住友銀と日本総研、WatsonでFS-ISACの脅威情報を解析