Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Citrix Bleed」に対する攻撃増加 - 著名ランサムグループも悪用

Citrix製品の深刻な脆弱性「Citrix Bleed」を狙った攻撃が広範に展開されており、ランサムウェア「LockBit 3.0」の攻撃活動にも悪用されている。航空宇宙防衛大手のBoeingにおいても被害が発生しており、米豪当局では共同で情報提供を行い、注意を呼びかけた。

「NetScaler ADC(旧Citrix ADC)」「NetScaler Gateway(旧Citrix Gateway)」では、機密情報を取得されるおそれがあるバッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2023-4966」が存在。リモートよりメモリ上の機密データやセッションの認証トークンを窃取され、多要素認証(MFA)も含めて認証をバイパスされるおそれがあり、別名「Ctrix Bleed」とも呼ばれている。

Cloud Software Group傘下のCitrixでは、現地時間10月10日にセキュリティアドバイザリを公開。Mandiantでは複数の組織における被害を確認しており、少なくとも8月下旬には同脆弱性を悪用したゼロデイ攻撃が展開されていたことを明らかにしている。

Citrixは、攻撃対象を絞った限定的な攻撃であるとの当初の見立てに反し、脆弱性に対する攻撃が急激に増加しているとの報告もあり、ランサムウェアへの悪用なども報じられていると説明。あらたに同脆弱性に対する推奨事項を取りまとめ、現地時間11月20日に公開した。

具体的には、脆弱性が修正されているバージョンへただちにアップデートするとともに、コマンドを実行してアクティブなセッションや永続的なセッションを削除することを推奨。あわせて脆弱性の悪用に関する調査の推奨事項を示して利用者に対応を求めている。

(Security NEXT - 2023/11/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ランサムリークサイト、年間約4000件の投稿 - 身代金支払うも約2割で反古
ランサムウェア被害のイズミ、完全復旧目標は5月1日
イズミ、ランサム被害で宅配など一部サービスを停止 - 新店舗オープンを延期
サイクリングイベント申込フォームでミス、個人情報が流出 - 倉敷市
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県
事務連絡メールに7468人分の個人情報含む送付先一覧を誤添付 - 大阪市
受講システムで受講者の情報閲覧権限に設定ミス - ラック
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
転職による年収アップ、「セキュリティエンジニア」がトップ
クラウド管理製品「VMware Aria Operations」に権限昇格の脆弱性