Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

6億円当選かたり、個人情報詐取するフィッシング - プレゼント付預金の人気に便乗か

金融機関のキャンペーンで提供された「スポーツくじ」が当選したなどと称し、受け取りに必要な手続きなどとして個人情報を詐取しようとするフィッシング攻撃が確認されている。

20180712_to_001.jpg
確認されたフィッシングメール(画像:日本スポーツ振興センター)

日本スポーツ振興センターをかたり、「スポーツくじBIGの無料エントリーキャンペーンで1等6億円の当選が確定した」などとだますフィッシングメールが確認されたもの。同センターが注意を喚起した。

問題のメールでは、提携する金融機関の口座保有者を対象とするキャンペーンで通常1口300円で販売しているくじを、特別に無料で1口ずつ配布しており、メール受信者の当選が確定したなどと説明。「当選証明番号」などとしてでたらめな番号をもっともらしく記載していた。

当選金の受け取りには当選者本人による個人情報の登録など手続きが必要などとだまし、メールの本文にあるリンクよりフィッシングサイトへ誘導。期間内に手続きを行わないと当選は無効となるとしてアクセスを促していた。

近年、低金利の影響から特典として「宝くじ」などをプレゼントする定期預金が人気を呼んでおり、今回のフィッシング攻撃は、類似したサービスに見せかけたものと見られる。

日本スポーツ振興センターでは、当選者に対する当選通知メールにおいて、個人情報や金融機関の口座番号、クレジットカードの暗証番号などを聞き出すことは一切ないと説明。こうしたメールを受け取った場合も、リンク先にアクセスしたり、添付ファイルを開いたりしないよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行の可能性も
「VMware Tools」に権限昇格のおそれ - アップデートがリリース
ID管理製品「RSA Identity Governance & Lifecycle」に深刻な脆弱性
高校で個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県
NEC製ルータやネットワークカメラに複数脆弱性 - 悪用には管理者権限必要
フィッシング対策や脆弱性公開に尽力した専門家に感謝状 - JPCERT/CC
6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
脆弱性緩和ツール「EMET」、7月31日にサポート終了 - 「Windows 7」環境などに影響