Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用

2017年度は、標的型攻撃への対応支援が2016年度から増加した。政治や経済、安全保障、学術分野など幅広く標的となっており、感染を前提とした対策が呼びかけられている。

標的型攻撃による被害低減を目的に活動している情報処理推進機構のサイバーレスキュー隊「J-CRAT」が対応した相談や、レスキュー活動で把握した攻撃動向について取りまとめたもの。

2017年度の標的型攻撃に関する相談件数は412件で、前年度を107件下回ったが、レスキュー支援やオンサイト支援はむしろ増加している。同機構によれば、特定の攻撃グループが関与すると見られる標的型攻撃メールが、国際政治、経済、安全保障などに関わる組織に対して断続的に展開されているという。

科学技術を扱う研究機関においても、2017年度上半期から数カ月間に及ぶ攻撃を受け、複数のサーバに感染、さらに組織内の端末に感染が拡大した痕跡なども確認された。

(Security NEXT - 2018/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
2018年度下半期の標的型攻撃相談は258件 - メール以外で侵入されたケースも
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
「データ破壊」狙うイランのサイバー攻撃が増加 - 米政府声明
カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始
約7割が標的型攻撃への訓練実施 - 管理者3割「開封が評価に影響」
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験