Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SMSで訴訟ちらつかせる偽アマゾン - プリカ番号やコンビニ払いを要求

アマゾンを装って携帯電話へSMSを送りつけ、会員登録料や有料動画の未払い料金を支払わないと訴訟を起こすとだます詐欺が発生しているとして、消費者庁が注意を呼びかけている。

同庁によれば、「アマゾン」「アマゾンジャパン」「アマゾンカスタマーセンター」「アマゾンサポートセンター」などを装う悪質なSMSが出回っているという。会員登録料や有料動画の未納料金があるなどとだまし、連絡がない場合は訴訟を起こすなどを不安を煽っていた。

メッセージに記載された電話番号に連絡すると、動画の未納料金や延滞料金を支払うよう執拗に要求。支払には、大手通販サイトのプリペイド式ギフトカードを購入させ、番号を連絡するよう指示したり、偽事業者が所有するチャージタイプのギフト券における支払番号を伝え、コンビニなどからチャージさせようとするケースがあるという。

さらに支払いに応じないと、訴訟を起こすとなどと脅す一方、保険などであとから返金されるなど、あたかも負担がないかのように説明していた。

(Security NEXT - 2018/07/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

セブンのバーコード決済など一時障害 - ネットワーク設定不備で
象印、フィッシングに注意喚起 - 流出対象者に送信か
プリカを二重発行、情報流出は否定 - モスフード
象印通販サイトで情報流出 - 情報盗む改ざん決済画面への誘導メールも
「コーナンPay」にPWリスト攻撃 - 試行回数は数十万件規模か
当選賞品を宛名と異なる住所へ送付 - 九州電力
中学生の3人に1人、詐欺サイトへの誘導経験 - 8割は親に相談せず
「おさいふPonta」にパスワードリスト攻撃、1時間に約30万件 - 一部で残高の不正移行
電子マネーやスマホ決済を利用しない理由、3割が「セキュリティが不安」
「アマゾン」装う架空請求が発生 - 支払いに「Amazonギフト券」要求