Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

総務省名乗り住民税の督促などと金銭だまし取る詐欺SMSに注意

総務省を装い、住民税の督促などとして金銭をだまし取る詐欺が確認されている。フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

総務省をかたり、重要なお知らせなどとしてショートメッセージ(SMS)を送りつけ、偽サイトへ誘導する詐欺行為が確認されているもの。

誘導先のウェブサイトは、住民税の督促状などとして金銭を支払うよう求める内容で、盗用した総務省などのロゴなども掲載。当日中に送金しないと差押えるなどとして不安を煽っていた。

支払い方法として、ライフカードが発行するプリペイドカード「Vプリカ」を指定しており、発行コードを入力させて金銭をだまし取る。

詐欺サイトには、ダイナミックDNSサービスを悪用していた。4月5日の時点でフィッシングサイトの稼働が確認されており、同協議会では閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した詐欺サイトに注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2023/04/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
サポート詐欺被害、PCを遠隔操作される - 足立東部病院
「Firefox 123」が公開 - 12件の脆弱性を修正
「ConnectWise ScreenConnect」に深刻な脆弱性 - ランサム攻撃にも悪用
メール送信時の人為ミスで関係者のアドレス流出 - 日本財団学生ボランティアセンター
ワークフロー管理の「Apache DolphinScheduler」に脆弱性
SonicWall「SMA 100シリーズ」の多要素認証機能に脆弱性
一部SonicWall製ファイアウォールの「SSL VPN機能」に脆弱性 - 認証バイパスのおそれ
Atlassian、「Confluence」など複数製品にセキュリティアップデート
GitLabが2月2度目のアップデート、脆弱性やバグに対応