Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD

野村ホールディングスは、海外子会社であるInstinet Europeがマルウェアを介した不正アクセスを受けたと発表した。顧客情報が流出した可能性があるとして詳細を調べている。

Instinet Europeは、同社が2007年2月に買収した米Instinetのグループ会社。機関投資家の委託により電子取引の仲介を行っている。

野村HDによれば、米時間6月4日にInstinet Europeにおいて、PCを接続しているネットワークにおいてマルウェアによる不正アクセスを受けたことが判明。当局へ報告し、調査を進めてきたが、その後関連各社の顧客情報が流出した可能性が浮上したとして事態を公表した。

今回の不正アクセスにより、トレーディングシステムへの影響はないと説明。野村グループの他社においてもシステムは独立して管理しており、影響を否定している。

(Security NEXT - 2018/06/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

新型コロ関係事業の案内メールで誤送信 - 大阪府
保健所で感染症法関連書類の誤送付が発生 - 大阪府
メール送信ミスで研究協力者のメアド流出 - 東大
里親措置児童や里親の個人情報含む文書を誤送付 - 新潟県
愛知県、新型コロ患者情報の誤掲載で賠償金 - 1人あたり最大4万円
受託新コロ電話相談窓口の記録を送信ミス - NTT-MA
「雇用調整助成金」の受付システムに不具合 - 他申請者情報が閲覧可能に
添付ファイルでマルウェア感染、個人情報流出 - 日経
愛知県、新型コロナ患者の非公開情報を誤掲載 - 氏名や入院医療機関など
教育クラウドサービス「Classi」に不正アクセス - 全利用者のIDなど流出