Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業の約8割が「BEC」を経験 - 件名に「Re:」「Fwd:」追加が1.5倍

2017年にフィッシング攻撃において、もっとも悪用されたブランドが「Dropbox」だったとする調査を米Proofpointが取りまとめた。

同社が、2017年にワールドワイドにおける6000超の同社企業顧客に対する攻撃について調査し、傾向を分析したもの。

悪意あるメールにおいて、82%以上がランサムウェアや、金融機関などを狙うトロイの木馬、いわゆる不正送金マルウェアの感染を狙ったものだった。

特に日本やヨーロッパ、オーストラリアでは30%以上が不正送金マルウェア。また日本は、メール経由でダウンローダーが送信されるケースが目立ったという。

(Security NEXT - 2018/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネットバンク不正送金被害、5年半ぶりの低水準 - 被害額1億円を割り込む
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通過取引所やFX事業者が初参加
金融分野におけるサイバーセキュリティ取組方針を改訂 - 金融庁
2018年2Qの不正送金被害は2.4億円 - 法人個人いずれも増加
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2017年のフィッシング報告は前年から減少 - 誘導先URLは1.7倍に
2018年1Qの不正送金被害は1.8億円 -被害額は個人で倍増、法人は54分の1に
会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上
サイバー犯罪がグローバル経済に与える損害は約6000億ドル - 米政策研究機関などが試算