Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2023年3Qの不正送金 - 被害額が約1.5倍に拡大

2023年第3四半期に発生したオンラインバンキングの不正送金被害額は、前期を大きく上回る29億6000万円となり過去最悪を更新した。

全国銀行協会が、会員191行を対象に2023年7月から9月にかけて発生した不正送金被害の状況を調査し、結果を取りまとめたもの。預金者本人以外が不正に送金し、振込先から金銭が引き出されて返還できなかったケースを集計している。

被害件数は、個人と法人あわせて1582件。前四半期の1768件から減少するも高い水準が続いている。被害額は29億6000万円。過去最悪を記録した前四半期の20億2800万円を大きく上回った。

被害の内訳を見ると、個人における被害が1568件、被害額が29億2600万円と大半を占める。被害件数は前四半期の1743件から減少したが、被害額は前四半期の19億6600万円から約1.5倍に増加した。

1件あたりの平均被害額は約187万円。前四半期の約113万円から上昇増加している。

20240105_zg_001.jpg
不正送金被害の推移(グラフ:全銀協の発表をもとに独自に作成)

(Security NEXT - 2024/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性
クラウド利用増加で標的型攻撃が進化 - 「初期アクセス」獲得阻止が重要に
1月のDDoS攻撃件数、前月比29%増 - IIJレポート
個情委、四谷大塚に行政指導 - 子どもを守るため特に注意必要
なかほら牧場の通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
Cisco、セキュリティアドバイザリ5件を公開 - DoS脆弱性などに対応
脅威情報共有プラットフォーム「MISP」に脆弱性 - 最新版へ更新を