Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4月はDDoS攻撃568件を検出、5時間以上に及ぶケースも - IIJまとめ

インターネットイニシアティブ(IIJ)は、4月に568件のDDoS攻撃を検出したことを明らかにした。もっとも規模が大きかった攻撃は7.9Gbpsで、なかには5時間以上に及ぶ攻撃もあったという。

同社によると、4月のDDoS攻撃は568件で、1日あたり18.9件。もっとも大規模な攻撃は7.9Gbpsで、「LDAP」を用いたリフレクション攻撃だった。

攻撃の継続時間は30分未満が89.4%と9割弱を占める。一方で30分以上60分未満の攻撃が6.5%、60分以上90分未満が1.9%、90分以上の攻撃も2.1%あった。同月にもっとも長時間にわたった攻撃は、「HTTPS」を利用したもので、5時間8分続いた。

4月末にDDoS攻撃の代行サービスを提供する「webstresser.org」が摘発されたが、因果関係はわかっていないものの、同社の観測でも4月26日以降の検出件数が減少したという。

20180601_ii_001.jpg
DDoS攻撃の検出状況(グラフ:IIJ)

(Security NEXT - 2018/06/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

件数減るも20Gbps規模のDDoS攻撃を引き続き観測 - IIJ
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
2月はDDoS攻撃の観測件数が増加 - 目立つLDAPの増幅攻撃
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
DNSやLDAPによる増幅攻撃を観測 - 複合型のDDoS攻撃も
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
2018年11月のDDoS攻撃、約1割減 - 前月上回る規模の攻撃も
DDoS攻撃が前月比1割増、規模は縮小 - 4時間継続した攻撃も
9月のDDoS攻撃、前月からやや減少 - DNSリフレクション攻撃など確認
2018年2QのDDoS攻撃が3割減 - 一方で「UDPフラッド」など増加