Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会員13万人以上の低価格DDoS攻撃サービスが検挙 - 1カ月約2000円、攻撃は400万回以上

Europolは、低価格のDDoS攻撃を行うインフラを提供していた世界最大規模のマーケットプレイスの関係者を逮捕し、サービスを停止に追い込んだことを明らかにした。

問題のサイトは、DDoS攻撃をサービスとして提供する世界最大規模のマーケットプレイス「Webstresser.org」。

Europolによると、同サービスの登録ユーザーは世界で13万6000人以上。1カ月あたり15ユーロ(約2000円)で利用でき、2018年4月までに400万回にわたりDDoS攻撃を行っていた。ゲーム事業者をはじめ、政府機関や警察、金融機関などがターゲットとなっていたという。

世界中に被害者が広がっており、捜査にあたっては、Europolの欧州サイバー犯罪センター(EC3)と「サイバー犯罪共同対策タスクフォース(J-CAT​​)」が関係者間の情報共有を協力。4月24日、オランダ警察とイギリスの国家犯罪捜査庁が、世界の約12の法執行機関からの協力を受けて共同作戦「Power Off」を展開した。

同作戦を通じて、イギリス、クロアチア、カナダセルビアなどに点在する関係者を逮捕。オランダ、米国、ドイツで攻撃に用いられたインフラを押収し、同サービスを停止させた。また同サービスの上位顧客がいたオランダ、イタリア、スペイン、クロアチア、イギリス、オーストラリア、カナダ、香港などでも措置を講じたとしている。

(Security NEXT - 2018/04/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
「Memcached」によるDDoS攻撃、3月に約4000件 - 攻撃は1年以上前から
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%
電気通信事業者におけるサイバー攻撃などへの対応の方向性を策定 - 総務省
「繰り返しDDoS攻撃」が増加 - 回避措置も想定、長期ダウン狙う
2017年3Q、「ウェブ改ざん」が大幅減 - 「フィッシング」「マルウェアサイト」は増加
ウェブサイトの安全運用、必要な「点検」やその「頻度」は?
「Interop Tokyo 2017」が開幕、セキュリティ関連の出展も充実 - 6月9日まで
4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害
2017年1Qのインシデントは4856件 - サイト改ざんが41%増