Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoT機器の無線通信「Z-Wave」のペアリング時に通信傍受のおそれ

多数IoT機器で採用されている無線通信のプロトコル「Z-Wave」において、一部ペアリング時のプロセスに脆弱性が存在し、通信が保護されないおそれがあることがわかった。

20180528_pt_001.jpg
ダウングレードの流れ(図:Pen Test Partners)

Pen Test Partnersが、「Z-Wave」でペアリングを行う際、デバイス間で通信に利用するキーの交換プロセスにおける問題を指摘したもの。

「Z-Wave」では、機器間でキーをペアリングする際に脆弱なキーを利用していることが指摘され、2013年により安全なキーを用いるセキュリティフレームワーク「S2(Security 2)」を発表してセキュリティの強化を図ったが、「S2」対応機器でも下位互換性のため、ペアリング時に脆弱な「S0(Security 0)」へとダウングレードされるおそれがあることが判明したという。

同社がテストに用いたスマートキーにおいても、「S2」に対応しているものの、「S0」のみサポートしている機器からペアリングを要求した際、ダウングレードして「S0」でペアリングされたとしている。

(Security NEXT - 2018/05/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
4月のMS月例パッチ、「緊急」22件含む脆弱性65件を修正
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト
脆弱性「SambaCry」狙うマルウェアに警戒を - NASなども標的に
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断
「Metasploit」が車載機器などIoT機器の診断に対応
5358番ポートへのアクセスが増加、「Mirai」と異なるIoTボットネットか
ベリサーブ、「IoTセキュリティリスク分析支援ソリューション」を提供
ウェブレッジ、IoTシステムに特化した脆弱性診断サービス