Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セイコーSOL製LTE対応IoTルータに深刻な脆弱性 - ファームウェアの更新を

セイコーソリューションズが提供するLTE対応IoTルータ「SkyBridge MB-A100」「同MB-A110」「同BASIC MB-A130」に脆弱性が明らかとなった。

同製品においてコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2024-32850」が明らかとなったもの。「遠隔監視制御機能」を有効化している場合に影響があり、リモートより同製品へ管理者権限でログインしたり、認証なしに任意のコマンドを実行することが可能となる。

同脆弱性は、ゼロゼロワンの早川宙也氏がJPCERTコーディネーションセンターへ報告し、調整が実施された。共通脆弱性評価システム「CVSSv3.0」のベーススコアは「9.8」と評価されている。

セイコーソリューションズでは各製品に向けて脆弱性を修正したファームウェアのアップデートをリリースした。

アップデートが難しい場合は、「遠隔監視制御機能」の無効化、または同機能における認証の有効化や暗号化の有効化など回避策を講じるよう注意が呼びかけられている。

(Security NEXT - 2024/06/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

教員がフィッシング被害、侵害アカウントからさらなる攻撃 - 明治薬科大
6月末で「CentOS 7」のサポートが終了 - 移行状況の確認を
ASUS製ルータに複数脆弱性、一部モデルは深刻な影響も
永年保存のアスベスト関連書類が所在不明に - 新潟労働局
学生間でメールアドレスリストが閲覧可能に - 横浜国立大
農林事務所より調査協力者リストを関係ない複数自治体に誤送信 - 茨城県
「WooCommerce Social Login」に脆弱性 - アップデートで修正
ニデック子会社にサイバー攻撃 - 複数サーバでランサム被害
DC内仮想マシンがランサム被害、サーバ落とすも攻撃者が起動 - KADOKAWA
脆弱性悪用リストに「Windows」や「Google Pixel」など3件追加 - 米当局