Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、4月の月例パッチで脆弱性147件に対応 - 1件は悪用済み

マイクロソフトは、4月の月例セキュリティ更新プログラムを公開した。「クリティカル(Critical)」とされる3件を含む147件の脆弱性に対応した。1件についてはすでに悪用が確認されているという。

今回のアップデートでは、「Windows」や「Office」をはじめ、「Microsoft Defender for IoT」「SQL Server」「SharePoint」「Azure」「.NET」「Visual Studio」などに対応。「SmartScreen プロンプト」における「インターネットショートカットファイル」の処理に関する問題なども修正している。

CVEベースで147件の脆弱性を修正しており、最大重要度を見ると、4段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性は「CVE-2024-21322」「CVE-2024-21323」「CVE-2024-29053」の3件。

いずれも「Microsoft Defender for IoT」に明らかとなった脆弱性で、悪用されるとリモートよりコードを実行されるおそれがある。

2番目に重要度が高い「重要(Important)」とされる脆弱性は142件。続く「警告(Moderate)」とされる脆弱性が2件だった。

共通脆弱性評価システム「CVSSv3」におけるベーススコアを見ると、「7.0」以上となる脆弱性が112件。このうち「9.0」以上とされる脆弱性は、「Microsoft Azure Kubernetes」に明らかとなった「CVE-2024-29990」の1件のみで「9.0」と評価されている。

(Security NEXT - 2024/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

積水ハウスの会員サイトで個人情報流出 - 過去使用ページから
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会
学校施設開放の鍵貸出簿が強風で飛散、一部未回収 - 葉山町
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院
新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正