Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IoTデータベース「Apache IoTDB」にサービス拒否のおそれ

クラウドやエッジ環境で利用できるIoTデータベース「Apache IoTDB」にサービス拒否の脆弱性が明らかとなった。

「Java 8」の環境において信頼できないパターンの正規表現によるクエリにより、サービス拒否が生じるおそれがある脆弱性「CVE-2022-43766」が明らかとなったもの。

米国立標準技術研究所(NIST)の脆弱性データベース「NVD」において、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「7.5」、重要度は「高(High)」とレーティングされている。

開発チームでは、脆弱性を修正した「同0.13.3」をリリースしており、同バージョンへ更新するか、最新の「Java」環境で利用するよう求めている。

(Security NEXT - 2022/11/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

発覚2カ月前にもマルウェア実行の痕跡、情報流出は否定 - こころネット
JetBrainsの「TeamCity」深刻な脆弱性 - 詳細も公開、早急に対処を
アジア地域の若年層向けCTF大会「ACSC 2024」が3月下旬に開催
バックアッププラグイン「WPvivid」の旧版に深刻な脆弱性
2月修正のWindows脆弱性、北朝鮮グループがゼロデイ攻撃に悪用
案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県
Arubaのアクセス制御製品に複数脆弱性 - アップデートで修正
「WordPress」向けメンバー管理プラグインにSQLi脆弱性
生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区