Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数Dell製品のBIOSに任意のコードを実行されるおそれ

Dellのデスクトップやノートパソコンをはじめ、複数製品のBIOSに脆弱性が明らかとなった。産業向け組込端末なども含まれる。

システム管理モードにおいて入力値の検証に不備があり、ローカル環境で認証されたユーザーによってシステム管理インタフェースで任意のコードを実行されるおそれがある5件の脆弱性「CVE-2022-24415」「CVE-2022-24416」「CVE-2022-24419」「CVE-2022-24420」「CVE-2022-24421」が明らかとなったもの。

「Latitude」「Inspiron」「Vostro」「Alienware」「XPS」などノートパソコンやデスクトップパソコンのほか、シンクライアント製品「Wyse」の一部モデルや産業用端末「Dell Embedded Box」、IoTエッジゲートウェイ「Dell Edge Gateway」なども影響を受ける。

いずれの脆弱性も共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアは「8.2」、同社では脆弱性の重要度を「高(High)」とレーティングした。各モデル向けにBIOSのアップデートを提供している。

(Security NEXT - 2022/03/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Zyxel製品の深刻な脆弱性、4月に修正済み - 報告者がサイレントパッチの危険性を指摘
米政府、「CVE-2022-26925」を緊急対応リストから一時削除 - DCへの影響で
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
米政府、VMwareのID管理製品脆弱性で緊急指令 - 侵害確認とパッチ適用求める
F5製「BIG-IP」脆弱性、悪用容易 - 侵害有無の確認を
WordPress向けのテーマやプラグイン「Jupiter」に深刻な脆弱性
「BIND」の「DNS over HTTPS」に脆弱性 - DoS攻撃のおそれ
楽天モバイルのフェムトセルに複数の脆弱性
VMware製IDアクセス管理製品に重要度「クリティカル」の脆弱性 - 認証回避のおそれ
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消