Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響

「OpenPGP」には「CVE-2017-17688」が存在。「CFBガジェット攻撃」を受けるおそれがあるほか、「S/MIME」では、「CBCガジェット攻撃」に悪用されるおそれがある「CVE-2017-17689」が指摘されている。

研究グループの調査では、テスト対象とした「S/MIME」対応の35のメールクライアントにおいて、25のクライアントが影響を受けていた。また「OpenPGP」については、28のうち10のメールクライアントに脆弱性が存在したという。

MicrosoftやApple、Mozillaのほか、Googleなど多くのベンダーが提供しているメールクライアントソフトやウェブメールが影響を受けることが明らかになっている。

脆弱性の悪用にあたっては、攻撃者が平文を取得したい暗号化されたメールをあらかじめ取得する必要がある。

具体的には、攻撃者が暗号化されたメールを細工してHTMLコンテンツを挿入。対象者にメールを送りつけ、開封させることで、メールクライアントが復号する際に外部と通信させ、指定したURLに平文を送信させることが可能となる。

(Security NEXT - 2018/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Jira Server」や「Jira Service Desk Server」に深刻な脆弱性
アニメーションPNGのデコードライブラリに脆弱性
Android版「LINE」に複数の脆弱性 - 細工画像でコード実行のおそれ
「Chrome」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
「Firefox 69.0.1」が公開、通知なしにポインタロックできる問題へ対処
GPU「Radeon」のドライバに脆弱性 - 特定環境下でコード実行のおそれ
VMwareの「ESXi」「vCenter」に複数脆弱性 - アップデートがリリース
リコー製プリンタや複合機に複数のRCE脆弱性 - アップデートがリリース
「SSL VPN」の脆弱性探索行為、国内でも観測
Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに