Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響

暗号化技術「OpenPGP」「S/MIME」をサポートする多くのメールクライアントに脆弱性が含まれていることがわかった。攻撃者によって暗号化されたテキストを外部から平文で取得されるおそれがある。

20180515_ef_001.jpg
「EFAIL」のウェブサイト

主要なメールクライアントにおいて、リモートからの攻撃により、暗号化されたメールからプライベートキーなしにテキスト情報を取得されるおそれがある脆弱性が判明したもの。

メールに関わる脆弱性であり、発表したミュンスター大学やルール大学の研究グループは、「e-Mail」の脆弱性にちなみ、「EFAIL」と命名している。

「EFAIL」には、「Appleメール」「iOSメール」「Mozilla Thunderbird」など、メールクライアントに起因した脆弱性がある一方、「OpenPGP」「S/MIME」の標準に準拠した環境でも影響を受ける脆弱性が含まれる。

(Security NEXT - 2018/05/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」にあらたな脆弱性が判明
Zoomに複数脆弱性、クライアントやSDKなど広く影響
「Movable Type」ベースの「PowerCMS」にも深刻な脆弱性
ウェブメールクライアント「Roundcube」に深刻な脆弱性 - アップデートを強く推奨
「Zoho ManageEngine ServiceDesk Plus」に深刻な脆弱性 - APT攻撃の対象に
Mozillaの暗号ライブラリ「NSS」に深刻な脆弱性 - アップデートを公開
VPN製品「Pulse Connect Secure」にDoS攻撃受けるおそれ - アップデートで修正
「baserCMS」の管理画面に複数の脆弱性 - アップデートで修正
「ウイルスバスター for Mac」に脆弱性 - 修正を自動配信
「VMware vCenter Server」に2件の脆弱性 - アップデートが公開