Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「CSVファイルは安全」という先入観につけ込む標的型攻撃

細工されたファイルであっても、テキストエディタなどからテキスト形式のまま開けば記載された命令が実行されるおそれはない。

しかし、CSVファイルが「Excel」と関連付けされた環境では、受信者がファイルをダブルクリックした場合など、「Excel」によって自動的にファイルが開かれる上、単なるテキスト形式のファイルとしては処理されず、表計算ソフトとして内部のデータを解釈し、外部参照(リンク)の自動更新など、ファイルに記載された命令の処理を試みる。

20180502_ip_001.jpg
リンクの自動更新について「有効化」を確認するダイアログ(画像:IPA)

ただし、「Excel」では、実行前に警告ダイアログを表示して注意を促すため、いきなりコードを実行されることはない。とはいえ、ファイルを開いたユーザーが危険性に気が付かず、ダイアログからリンクの自動更新について「有効にする」ボタンを押し、コンテンツに実行の許可を与えてしまえば、外部の悪意あるコードを実行されたり、マルウェアに感染するおそれがある。

情報処理推進機構(IPA)では、今回の手口についてセキュリティパッチなど脆弱性対策では防げず、ユーザー側で攻撃の手口を理解し、「CSVファイル」を取り扱う際、警告画面など十分確認する必要があると指摘。注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/05/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

都が中小企業セキュ対策であらたな支援事業 - 試験的に機器設置、インシデント対応もサポート
既存サービスを「Emotet」対策として提供 - BBSec
凶暴性増すランサムウェアの裏側 - 今すぐ確認したい「意外な設定」
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
米政府、イランによるサイバー攻撃の警戒呼びかけ - 大統領選が標的に
英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
2020年3Qのインシデント、前四半期比約1.2倍に - 探索行為やサイト改ざんが増加
2020年上半期の標的型攻撃は3978件、前年同期の約1.5倍に - 警察庁まとめ
約4割でインシデント被害、対応費用は約1.5億円 - 4.4%が「Emotet」経験
サイバー保険を付帯した標的型攻撃メール訓練をOEM供給