Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念

複数の企業間でパーソナルデータを共有することで実現する消費者向けサービスについて、約半数が利用に否定的なことがわかった。理由について、7割が情報漏洩の懸念を挙げている。

NTTデータ経営研究所が、「NTTコムリサーチ」の登録モニターを対象にインターネットアンケートを実施し、結果を取りまとめたもの。10代から60代の男女1150人が回答している。

サービスを利用する際の開始手続きで、ウェブサイトを利用している割合は71%。「企業が設けている窓口(12.9%)」「郵送(9.9%)」「電話(6.3%)」を大きく上回った。サービスの新規契約手続きについて、67.6%が「不便」「どちらかといえば不便」と感じている。

73.4%は、ウェブサービスを利用する際のIDとパスワードの管理を、「不便」「どちらかといえば不便」と感じており、71.7%がIDやパスワードを「よく忘れる」あるいは「たまに忘れる」と回答。7割以上が実際に忘れた経験を持っていた。

20180423_nd_001.jpg
パスワードを忘れた経験(グラフ:NTTデータ経営研究所)

(Security NEXT - 2018/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
1割超の企業が過去1年間に内部不正の情報漏洩を認知 - DDoS攻撃も1割弱
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
データ漏洩7割がクラウド設定ミスに起因、ランサム被害は80億ドル超 - IBM調査
過去3年間に18.2%の企業が委託先などでのインシデントを経験
スマートスピーカー経由の個人情報漏洩、約6割弱に危機感
国内企業の2割、「DDoS」被害経験 - ランサムウェアは7%