Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業間のパーソナルデータ共有、肯定派と否定派が拮抗 - 漏洩へ強い懸念

複数の企業間でパーソナルデータを共有することで実現する消費者向けサービスについて、約半数が利用に否定的なことがわかった。理由について、7割が情報漏洩の懸念を挙げている。

NTTデータ経営研究所が、「NTTコムリサーチ」の登録モニターを対象にインターネットアンケートを実施し、結果を取りまとめたもの。10代から60代の男女1150人が回答している。

サービスを利用する際の開始手続きで、ウェブサイトを利用している割合は71%。「企業が設けている窓口(12.9%)」「郵送(9.9%)」「電話(6.3%)」を大きく上回った。サービスの新規契約手続きについて、67.6%が「不便」「どちらかといえば不便」と感じている。

73.4%は、ウェブサービスを利用する際のIDとパスワードの管理を、「不便」「どちらかといえば不便」と感じており、71.7%がIDやパスワードを「よく忘れる」あるいは「たまに忘れる」と回答。7割以上が実際に忘れた経験を持っていた。

20180423_nd_001.jpg
パスワードを忘れた経験(グラフ:NTTデータ経営研究所)

(Security NEXT - 2018/04/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人情報保護委、海外の個人情報保護制度や個人識別符号に関する調査報告書を公開
2018年2Qの脆弱性登録は3757件 - 上位8割がOS関連
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
2017年の個人情報漏洩は386件、想定損害賠償額は1914億円 - JNSAまとめ
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
フィッシング報告数が2700件と高水準 - 「Apple」関連が約65%
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も