Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも

2月に定例外のアップデートで修正された「Adobe Flash Player」の脆弱性「CVE-2018-4878」。判明当初より国家が関与する標的型攻撃に悪用されていることが指摘されていたが、その後悪用コードが公開され、攻撃が広がっている。

問題の「CVE-2018-4878」は、解放済みのメモリへアクセスが行われる「Use After Free」の脆弱性。リモートよりコードを実行されるおそれがあり、脆弱性の指摘を受けてAdobe Systemsでは、2月6日に定例外アップデートを急遽リリースし、対処した。

同脆弱性を悪用した攻撃については、韓国のセキュリティ専門家が北朝鮮の攻撃グループによる関与へ言及。韓国の北朝鮮研究者に対してマルウェアを拡散するため、少なくとも2017年11月中旬ごろより悪用されていると指摘し、韓国のセキュリティ機関であるKrCERTも注意喚起を行っていた。

また同問題をめぐっては、FireEyeも北朝鮮の攻撃グループ「Reaper」が関与しているとの見方を示し、韓国政府や軍関係、防衛産業などを狙っていたことを報告している。

(Security NEXT - 2018/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

GoogleなどのFIDO対応認証キーに脆弱性 - iOSでは特に注意を
VMware、MDS脆弱性の影響を緩和するアップデート
Intelプロセッサに「MDS」の脆弱性 - アップデートをリリース
EC-CUBE向けの簡易脆弱性診断を無償提供 - SHIFT SECURITY
Intel プロセッサの「MDS」脆弱性、OSベンダーも対応呼びかけ
MS、月例パッチで脆弱性79件を解消 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Adobe Acrobat/Reader」に84件の脆弱性 - アップデートで修正
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - コード実行のおそれ
「WebLogic」に対する攻撃、国内でも多数観測