Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも

脆弱性「CVE-2018-4878」の存在が明らかとなり、すでに2カ月が経過しており、同脆弱性は国家レベルの攻撃者でなくても容易に悪用できる状態へと変化している。

「CVE-2018-4878」に関し、ソフトバンク・テクノロジーでは3月下旬に脆弱性の影響に関する検証結果を公表。攻撃コードを容易に入手できる上、攻撃の難度も高くなく、リモートより攻撃が可能であるとして注意を呼びかけている。

またキヤノンITソリューションズによれば、同社が扱うESETにおいて、2月3日以降、同脆弱性を悪用する攻撃を確認しているという。

Officeファイルにエクスプロイトコードを埋め込んだもので、ファイルを開くとプログラムが動作し、外部のサーバと通信を行い、別のマルウェアがインストールされる。

(Security NEXT - 2018/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性
Forcepoint DLPにXXE脆弱性 - 複数製品に影響