Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も

また現在プレビュー中の「Windows 10」次期アップデートにおいては、「Office 365」「Windows」「Azure」を横断する脅威からの保護を提供。「Windows Defender ATP」の検査、修復機能が機械学習を活用し、エンドポイントにおける脅威検知機能を盛り込む。

このほか、リアルタイムでリスク評価を行い、機密データへのアクセスを適切にコントロールする「Conditional Access」なども提供する見込み。

(Security NEXT - 2018/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器開発者向けにガイドライン - NRIセキュア
損ジャと日立ソ、IoTセキュリティ分野で協業
VDOO、CCDSにIoT機器の評価サービスを無償提供
組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
ブロックチェーンでIoT機器の真正性を確保 - NEC
家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
ウェブアプリなどの脆弱性情報を配信するサービス - EGセキュア
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point