Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も

また現在プレビュー中の「Windows 10」次期アップデートにおいては、「Office 365」「Windows」「Azure」を横断する脅威からの保護を提供。「Windows Defender ATP」の検査、修復機能が機械学習を活用し、エンドポイントにおける脅威検知機能を盛り込む。

このほか、リアルタイムでリスク評価を行い、機密データへのアクセスを適切にコントロールする「Conditional Access」なども提供する見込み。

(Security NEXT - 2018/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC
ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー
通信事業者向けにソリューション「TMCC」 - トレンド
家庭用IoTデバイスを保護するセキュリティソリューション - デジオン
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から