Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も

米Microsoftは、IoTデバイスやクラウドのセキュリティを強化する新しいツールや技術を発表した。

同社では、マイクロコントローラーユニット(MCU)を搭載したIoTデバイスのセキュリティを強化するプラットフォーム「Azure Sphere」を発表。 Azure Sphere上のデバイスを保護するクラウドセキュリティサービスを提供する。

組織におけるサイバー攻撃への準備状況を評価し、セキュリティのベンチマークスコアを提供する「Secure Score」をリリース。ユーザーやデータ保護のために必要な対策の判断を支援するほか、組み込み型の機械学習機能により、自社の結果と類似する他社との比較も可能になるとしている。

さらに、「Office 365 Threat Intelligence」の機能として、「Attack Simulator」をリリース。疑似的なランサムウェアやフィッシング攻撃により、従業員の対応力をテストする。

(Security NEXT - 2018/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

IoT機器ごとにカスタマイズして提供する攻撃対策ソリューション
クラウド処理を活用、「PAN-OS 10.2 Nebula」をリリース - パロアルト
家庭向けIoT機器のマルウェア感染や脆弱性状況を無料で検査するサービス
不正端末利用を防ぐ「eSIM」を開発 - NTTコムとトレンド
VPN接続してネットワーク内のIoT機器リスクを可視化するサービス
脆弱IoT機器の発見管理技術を共同研究 - ゼロゼロワンと横国大
IPA、「情報セキュリティ白書2021」を発行 - 無料PDF版も提供予定
「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
FFRI、先端技術分野の脅威分析やトレーニングなど新サービス
エフセキュアと加賀FEI、IoT機器のセキュ診断で協業