Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

家庭向けIoT機器のマルウェア感染や脆弱性状況を無料で検査するサービス

横浜国立大学とゼロゼロワンは、家庭向けIoT機器のマルウェア感染を検査できる無料サービス「am I infected?」を提供開始した。

同サービスは、ルータやスマート家電など消費者向けに提供されているIoT機器のマルウェア感染や脆弱性が含まれていないか検査するサービス。

専用サイトよりメールアドレスや検査対象の環境に関するアンケートに回答し、申し込むと、サイトアクセス時に利用したIPアドレスに対して検査を実施する。

横浜国立大学で運用するハニーポットや情報通信研究機構(NICT)の「NICTER」、ゼロゼロワンが開発するIoT検索エンジンなどのデータを用いて検査を行うとしている。

入力したメールアドレス宛てに検査結果ページへのリンクを送付。マルウェアに感染している疑いがある場合は、推奨する対策なども案内する。

(Security NEXT - 2022/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サイバー防御演習「CYDER」の受講申込受付を開始 - NICT
Apple、「macOS」のアップデートを公開 - 多数脆弱性を解消
FRONTEO米子会社にサイバー攻撃 - DC上のデータがランサムウェアの標的に
氏名で検索、別人にワクチン接種券を誤送付 - 茅ヶ崎市
Apple、「iOS 15.5」「iPadOS 15.5」をリリース - 脆弱性34件を修正
電柱敷地所有者の個人情報含む帳票が所在不明 - 中電ネット
信用情報を誤登録、与信判断に影響した可能性 - PayPayカード
小学校防犯カメラの映像含むHDDレコーダーがオークションに - 横浜市
初心者向け「SECCON Beginners CTF 2022」、6月に開催
メルマガにほかの受信者の氏名を表示 - 人材派遣会社