Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

家庭向けIoT機器のマルウェア感染や脆弱性状況を無料で検査するサービス

横浜国立大学とゼロゼロワンは、家庭向けIoT機器のマルウェア感染を検査できる無料サービス「am I infected?」を提供開始した。

同サービスは、ルータやスマート家電など消費者向けに提供されているIoT機器のマルウェア感染や脆弱性が含まれていないか検査するサービス。

専用サイトよりメールアドレスや検査対象の環境に関するアンケートに回答し、申し込むと、サイトアクセス時に利用したIPアドレスに対して検査を実施する。

横浜国立大学で運用するハニーポットや情報通信研究機構(NICT)の「NICTER」、ゼロゼロワンが開発するIoT検索エンジンなどのデータを用いて検査を行うとしている。

入力したメールアドレス宛てに検査結果ページへのリンクを送付。マルウェアに感染している疑いがある場合は、推奨する対策なども案内する。

(Security NEXT - 2022/03/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

サポート詐欺でPC遠隔操作、個人情報流出の可能性 - 堺市体育館
入学予定者の個人情報、発送するも委託先に届かず - 東京外国語大
JSSEC、3月に「セキュリティフォーラム2024」開催 - 「生成AI」などテーマに
ヘアケアツール通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ライブラリ「libuv」にSSRFの脆弱性 - アップデートで解消
国際作戦で「LockBit」の一部関係者を逮捕 - 復号鍵など押収
相続相談会の関連帳票が所在不明に - 大阪司法書士会
「LockBit」の被害ファイルを復号できるかチェックするツール
「VMware拡張認証プラグイン」に脆弱性 - 削除か無効化を
メールアカウント3件に不正アクセス、個人情報が流出 - 近大関連会社