Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も

ルータのDNS設定を何らかの方法で書き換え、誘導先より悪意あるAndroidアプリをダウンロードさせる攻撃が発生している問題で、Googleのアカウント情報にくわえ、2要素認証の確認コードをだまし取る機能がアプリに盛り込まれていることがわかった。

カスペルスキーが調査結果を明らかにしたもの。攻撃者は、「Facebook」や「Chrome」など、正規アプリに不正なコードを追加するリパックを行ったアプリを配布していることがわかっているが、アプリが備えるあらたな機能が確認された。

これまでもGoogleアカウントのIDやパスワードのほか、氏名や生年月日、SMSを読み取られるおそれがあることが判明しているが、Googleアカウントにおける2要素認証の確認コードを詐取する機能を備えていることが判明したという。

さらにアプリ内には、中国の正規サイトにおけるURLがコード内に存在。同サイト内におけるユーザー公開情報をもとに、実際の通信先IPアドレスとポート番号を生成。外部と通信していることが明らかになった。

(Security NEXT - 2018/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「Google Play」で人気アプリ装うソーシャルエンジニアリング - 開発者名を悪用
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
偽佐川急便からのSMSに注意を - ネットバンク利用者狙う不正アプリを拡散
米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
数百機種のAndroidデバイスにマルウェア - ファームウェアレベルで混入
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演