Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コネクテッドカー向けSaaS型異常検知ソリューションを提供開始 - アズジェント

アズジェントは、コネクテッドカーのデータを分析し、異常を検知、通知するSaaS型ソリューション「Upstream」を5月より提供開始する。

同ソリューションは、イスラエルUpstream Securityが開発したコネクテッドカー向けのセキュリティソリューション。車両からサーバへ送信されるデータを収集してSaaS上で分析。異常検出時にはSOCへ通知する。

車両とサーバ間で送受信されるメッセージのプロトコル構造を検証するプロトコルセキュリティをはじめ、通信パターンを分析して平常とは異なる通信を検出するトランザクション分析、車両やドライバーの行動パターンを分析して異常を検知するふるまい検知などの機能を提供する。

また、走行中やエンジン稼働中といった車両の状態によって、車両に対して許可されるコマンドを管理したり、GPS上で矛盾するデータを発見することも可能。

価格は1000台あたり年額1080万円から。初年度2億円の販売を目指している。

(Security NEXT - 2018/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パナとトレンド、自動車分野のセキュリティで共同開発
PwCサイバーサービス、IoT機器の脆弱性検査に特化したラボを開設
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
凸版印刷、共通鍵暗号方式によるIoT機器向けデータ保護サービス
トヨタ九州とTRIART、秘密分散技術によるデータ保護システムを工場で運用開始
トヨタとカリウス、モビリティにおける本人特定技術を共同開発
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断
「Metasploit」が車載機器などIoT機器の診断に対応
NRIセキュア、車両システムのセキュリティ診断サービスを提供
ルネサス、車載システム向けに仮想環境を提供 - セキュリティ対策パッケージも