Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新幹線オフィスの実証実験、画面覗き見対策や会話の保護も

JR東日本は、「新幹線オフィス」の実証実験を6月14日より開始する。パソコン画面の覗き見対策や盗み聞き対策なども用意している。

同実証実験は、東北新幹線はやぶさの「リモートワーク推奨車両」においてリモートワークを支援する取り組み。2月に第1弾を実施しており、今回6月14日より7月16日まで第2弾を実施する。

「リモートワーク推奨車両」では、座席よりオンライン会議や携帯電話などの通話が可能となっているほか、通信機器やヘッドフォンなど支援ツールの貸し出しなども行う。

一部列車では、エプソン販売がパソコン画面の覗き見対策として同社のスマートグラス「MOVERIO BT-35E」について貸し出しを実施。スマートグラス内では、最大40型相当の大画面映像が表示でき、パソコンの画面を切ることで覗き見対策が行えるとしている。

またヤマハでは、スピーチプライバシーシステム「VSP-2」を設置。「情報マスキング音」により、付近に会話音声が漏れることを軽減する。

(Security NEXT - 2021/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Azure Defender for IoT」のリモート監視サービスを提供 - 東芝ITサービス
ランサム感染判明前日に外部RDP接続 - 岡野バルブ製造が調査報告
「AED」などの医療機器のリモート管理ソフトに深刻な脆弱性 - 米政府が注意喚起
SAP、6月の月例パッチを公開 - 適用優先度高い脆弱性も
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性6件がすでに悪用
脆弱性の連鎖、「Nagios」の集中管理環境全体が掌握されるおそれ
「VMware vCenter Server」に深刻なRCE脆弱性 - 早急に対応を
「Pulse Connect Secure」に未修正の脆弱性 - 更新準備中、回避策実施を
重要インフラ向けにリモート訓練サービス - 日立
「Cisco Small Business WAP」に2件の脆弱性 - 一部製品はEOLで修正プログラムなし