Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新幹線オフィスの実証実験、画面覗き見対策や会話の保護も

JR東日本は、「新幹線オフィス」の実証実験を6月14日より開始する。パソコン画面の覗き見対策や盗み聞き対策なども用意している。

同実証実験は、東北新幹線はやぶさの「リモートワーク推奨車両」においてリモートワークを支援する取り組み。2月に第1弾を実施しており、今回6月14日より7月16日まで第2弾を実施する。

「リモートワーク推奨車両」では、座席よりオンライン会議や携帯電話などの通話が可能となっているほか、通信機器やヘッドフォンなど支援ツールの貸し出しなども行う。

一部列車では、エプソン販売がパソコン画面の覗き見対策として同社のスマートグラス「MOVERIO BT-35E」について貸し出しを実施。スマートグラス内では、最大40型相当の大画面映像が表示でき、パソコンの画面を切ることで覗き見対策が行えるとしている。

またヤマハでは、スピーチプライバシーシステム「VSP-2」を設置。「情報マスキング音」により、付近に会話音声が漏れることを軽減する。

(Security NEXT - 2021/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Windowsのゼロデイ脆弱性、開発会社狙う攻撃で発見 - 検体公開後は試行増加
「Citrix ShareFile」にアクセス制御不備の脆弱性 - 早急に更新を
MS、月例セキュリティ更新をリリース - ゼロデイ含む脆弱性60件に対応
警察庁、2021年上半期に61件のランサム被害把握 - 目立つVPN経由の感染
Zohoの「ManageEngine ADSelfService Plus」に脆弱性 - すでに悪用も
Officeファイル開くとコード実行されるゼロデイ脆弱性が判明 - すでに悪用も
ポリシー運用行う「Cisco APIC」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開
米政府、リモートや管理者アクセス時の「単一要素認証」を悪習リストに追加
Cisco NFVISに認証回避される深刻な脆弱性 - すでにPoC公開済み
「ArubaOS」に深刻な脆弱性 - アップデートが公開