Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自動車への攻撃手法など学ぶトレーニングサービス - NDIAS

デンソーとNRIセキュアテクノロジーズの合弁会社であるNDIASは、コネクテッドカーのセキュリティに関するハンズオントレーニングサービスを提供開始した。

同サービスは、自動車メーカーやサプライヤーにおいて、車両や車載電子機器の設計や開発に携わる従業員を対象としたトレーニングサービス。ハンズオン形式で、自動車に関するセキュリティの基礎的な知識や攻撃手法などの習得を目指す。

標準的なトレーニングでは、セルラー、Wi-Fi、Bluetooth、NFC、CANなど、自動車のインターフェースやECUを構成するハードウェア、ソフトウェアを対象としており、5日間の日程で学習する。最少催行人数は20人から。

(Security NEXT - 2021/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先でランサム感染、被害ネットワーク内に個人情報 - 徳島県
重度心身障害者の助成金請求書類を紛失、支給に影響なし - さいたま市
ランサム攻撃で一部サーバが暗号化 - 車両用部品メーカー
キャンペーン応募者の個人情報が閲覧可能に - コムテック
米子会社にサイバー攻撃、生産や出荷に影響 - AGC
自動車パーツの通販サイトに不正アクセス - エンラージ商事
11月15日より「EdgeTech+ 2023」を開催 - セキュリティ関連の出展も
顧客情報記載の一部帳票が所在不明に - 都内トヨタディーラー
サーバより取引先や従業員の個人情報が流出 - 自動車部品メーカー
アジア版セキュキャン「GCC 2024」、2024年2月にタイで開催