Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自動車への攻撃手法など学ぶトレーニングサービス - NDIAS

デンソーとNRIセキュアテクノロジーズの合弁会社であるNDIASは、コネクテッドカーのセキュリティに関するハンズオントレーニングサービスを提供開始した。

同サービスは、自動車メーカーやサプライヤーにおいて、車両や車載電子機器の設計や開発に携わる従業員を対象としたトレーニングサービス。ハンズオン形式で、自動車に関するセキュリティの基礎的な知識や攻撃手法などの習得を目指す。

標準的なトレーニングでは、セルラー、Wi-Fi、Bluetooth、NFC、CANなど、自動車のインターフェースやECUを構成するハードウェア、ソフトウェアを対象としており、5日間の日程で学習する。最少催行人数は20人から。

(Security NEXT - 2021/04/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサムウェア身代金、平均支払額が前年比8割増
子会社リモート接続機器脆弱性が標的に、横展開からランサム - 小島プレス工業
トヨタ、国内の全製造ラインを一時停止 - 部品供給元へのサイバー攻撃で
名古屋大と車載イーサネット分野の共同研究を開始 - セキュアイノベーション
カーパーツショップに不正アクセス - クレカ情報が流出
政府、サイバー攻撃に再度注意を喚起 - SC全体のリスクコントロールを
「Emotet」感染で従業員装うメール - 三井住友オートサービス
「Emotet」感染で従業員装うメール - 東北海道いすゞ自動車
自動車部品メーカーのGMBでランサムウェア被害
トヨタのコネクテッドサービスで申込書約14万件が所在不明