Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援

FRONTEOは、記憶媒体を企業から預かり、保管するサービス「Data Cellar」を提供開始した。

同サービスは、デジタルデータを含む記憶媒体を預かり、保管するもの。第三者性、証拠性などの確保が可能で、長期間の保管にも対応する。

預かった記憶媒体は、帯電防止緩衝材の付いた専用のジュラルミンケースに入れ、GPSや電子ロック付きの専用車で移送。耐震も建物内で監視カメラや赤外線センサー、有人警備のもと保管する。

出庫時の輸送は、セキュリティやトレーサビリティに配慮。保管する前のデータ保全作業も支援し、オリジナルデータとフォレンジック用の保全データを保管できる。

また保管中に不正調査や訴訟対応の必要性が生じた場合は、デジタルフォレンジックをサポート。保管だけでなく、棚卸しや廃棄にも対応する。

(Security NEXT - 2019/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

モバイルアプリ向けに不正検知SDKを提供 - セキュアブレイン
Linuxサーバの脆弱性可視化サービス - サイバートラスト
攻撃プランを自動生成する脆弱性評価用の模擬攻撃ツール - OSSで公開
「Azure」のセキュリティ対策やコストを診断 - 日商エレ
ソフトウェアのサプライチェーンリスク対策でSBOM利用を促進 - Linux Foundation
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
制御システム向けにエンドポイント対策製品 - トレンド
ドコモ、個人情報の流出モニタリングサービス
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
グローバル拠点のサイバーリスクを評価するサービス - 東京海上日動