Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援

FRONTEOは、記憶媒体を企業から預かり、保管するサービス「Data Cellar」を提供開始した。

同サービスは、デジタルデータを含む記憶媒体を預かり、保管するもの。第三者性、証拠性などの確保が可能で、長期間の保管にも対応する。

預かった記憶媒体は、帯電防止緩衝材の付いた専用のジュラルミンケースに入れ、GPSや電子ロック付きの専用車で移送。耐震も建物内で監視カメラや赤外線センサー、有人警備のもと保管する。

出庫時の輸送は、セキュリティやトレーサビリティに配慮。保管する前のデータ保全作業も支援し、オリジナルデータとフォレンジック用の保全データを保管できる。

また保管中に不正調査や訴訟対応の必要性が生じた場合は、デジタルフォレンジックをサポート。保管だけでなく、棚卸しや廃棄にも対応する。

(Security NEXT - 2019/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業向けに「セキュアID SIM」を提供 - 日本通信
パスロジ、ファイル送受信用の暗号化サービス - 個人は無料
米CISA、レッドチーム演習の可視化ツールを公開 - 意思決定など支援
複数テナント管理やSBOM読込に対応した脆弱性管理ツール
ロジテックがフォレンジックサービスに参入 - メーカーや機器問わず対応
パーソナルデータを扱う企業向けにコンサルサービス - NRIセキュア
「MIRACLE ZBX」に新版、セキュリティ面を強化
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
インシデント関連データの可視化ツールをGitHubで公開 - WithSecure
国内外データ保護規制に対応する実務者向けの資格認定制度を開始 - 日本DPO協会