Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

記憶媒体の長期保管サービス - 証拠確保を支援

FRONTEOは、記憶媒体を企業から預かり、保管するサービス「Data Cellar」を提供開始した。

同サービスは、デジタルデータを含む記憶媒体を預かり、保管するもの。第三者性、証拠性などの確保が可能で、長期間の保管にも対応する。

預かった記憶媒体は、帯電防止緩衝材の付いた専用のジュラルミンケースに入れ、GPSや電子ロック付きの専用車で移送。耐震も建物内で監視カメラや赤外線センサー、有人警備のもと保管する。

出庫時の輸送は、セキュリティやトレーサビリティに配慮。保管する前のデータ保全作業も支援し、オリジナルデータとフォレンジック用の保全データを保管できる。

また保管中に不正調査や訴訟対応の必要性が生じた場合は、デジタルフォレンジックをサポート。保管だけでなく、棚卸しや廃棄にも対応する。

(Security NEXT - 2019/11/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

手動依存の脱却目指した新プラットフォーム「Cortex XSIAM」を発表 - パロアルト
フォーティネット、新シリーズ「FortiGate 3000F」を発表
NICT、プライバシー保護連合学習技術をイエラエに技術移転
「Emotet」の感染や個人情報流出調査を無償提供 - SHIFT SECURITY
家庭向けIoT機器のマルウェア感染や脆弱性状況を無料で検査するサービス
法人向けにオンラインのセキュリティ教育サービス - カスペ
トレンドがLog4Shell無料診断ツール - エンドポイントとウェブアプリに対応
eKYC時の顔データを用いて本人認証する新サービス - Liquid
クラウド設定不備による情報漏洩対策で協業 - KCCSとラック
実証実験で9割以上の特殊詐欺によるATM利用を検知 - ラックと三菱UFJ銀