Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

米SymantecとNTTセキュリティ、CASBの活用で協業

NTTセキュリティと米Symantecは、ウェブアプリケーションセキュリティの分野で戦略的パートナーシップを締結した。

今回の協業は、クラウド、モバイル、オンプレミス環境に対応したウェブセキュリティサービスの強化を目的としたもの。Symantecの「CASB(Cloud Access Security Broker)技術」と、NTTセキュリティの脅威検知、高度分析技術を組み合わせ、セキュリティサービスを提供するという。

また両社では、脅威情報についても共有するとしており、マネージドセキュリティサービスの品質向上を目指すとしている。

(Security NEXT - 2018/04/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、虹彩認証の米Tascentに出資 - マルチモーダル生体認証を共同開発
東京海上日動とWHITE MOTION、自動車分野のセキュリティで提携
凸版印刷、パーソナルデータ利活用で米Planetwayと協業
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
エルテス、デジタルリスク分野対象のベンチャーキャピタル設立
NTTコムとNTTPC、IoTセキュリティ基盤の有用性を検証する実証実験
自動化進めたSOCの約7割、1週間以内に脅威調査を完了
進む情報共有、脅威情報で稼ぐ時代は終わる - RSAのMike Brown氏
PwCあらたなど、医療介護事業者向けセキュリティサービスで協業
トレンドマイクロ、MSSとの協業強化 - IoT分野に注力