Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など

ラックとTISは、セキュリティおよびクラウド分野で協業すると発表した。

今回の協業では、双方の強みを活かし、共同で組織向けに「クラウド&セキュリティサービスプラットフォーム」を5月より提供する。

同プラットフォームでは、「サイバーセキュリティガイドライン」の重点10項目をベースに、コンサルティング、導入、運用、監査までをワンストップで展開する。

手はじめに「エンタープライズ・クラウド&セキュリティ運用サービス」を提供。新設した「脅威インテリジェンスセンター」を通じて、従来のセキュリティオペレーションセンターの機能のほか、脅威情報の収集やインシデント発生時の調査など含む運用サービスを提供する。また実装を支援する「業界別運用テンプレート」を用意した。

今後両社は、認証やネットワーク機器、クラウド統制などさまざまな分野における新製品の共同研究や検証を行うほか、それぞれを技術面より支援していく。

(Security NEXT - 2019/04/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JIPDEC、JCAN証明書発行事業をGMOグローバルサインに譲渡
セキュリティ運用サービスをリニューアル、EDRのログ監視に対応 - セキュアヴェイル
登録セキスペ向け「特定講習」の受講受付を開始 - NICT
個人の同意に基づいたデータ流通を実現するサービス - 日立
ラック、金融犯罪対策に注力 - 新組織を立ち上げ
顧客判断待たずに初動対応するSOCサービス - ログによるさかのぼり調査も
パナソニックとマカフィー、自動車SOCを共同構築
ラック、「ゼロトラスト時代のSOC構築と運用ガイドライン」を公開
電子決済サービスのセキュリティリスクを評価するサービス - NRIセキュア
セキュ運用連携サービスで蓄積したデータを研究用に提供 - NII