Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Apple」ユーザー狙うフィッシング - 「静岡からアクセスあった」と不安煽り、あらゆる情報を詐取

20180411_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

「Apple ID」をだまし取るフィッシングメールが確認されている。アカウント情報のほか、氏名や住所、クレジットカードなど、幅広い情報をだまし取るもので、フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

問題のメールは、「Apple ID」が第三者に利用されたかのように見せかけ、パスワードのリセットに見せかけて情報を詐取する手口。

「あなたのApple IDのセキュリティ質問を再設定してください」といった件名でフィッシングメールを送信。アクセス元として無関係のIPアドレスなどを記載。あたかも静岡の第三者からアクセスが行われたかのように演出し、不安を煽る。

誘導先となったフィッシングサイトでは、「アカウントの個人情報とセキュリティ情報をすべて確認します」などとして「Apple ID」や「パスワード」はもちろん、「氏名」「生年月日」「住所」「クレジットカード情報」「セキュリティの質問と答え」など、ありとあらゆる情報を入力させようとしていた。

フィッシング対策協議会によれば、問題のサイトは4月11日の時点で稼働が確認されており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼。類似した攻撃に注意するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/04/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に
偽大学サイトが1年間で961件、16カ国131大学が標的に - 国立大の偽ウェブメールも
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
Yahoo!メール、なりすまし対策で企業アイコンを表示 - DKIMを利用
2018年3Qはインシデント件数が減少 - ウェブ改ざんが3分の2近くに
2018年2Qのフィッシング攻撃は約1割増 - 国内ホストは低水準
大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化