Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を

4月も中旬を迎え、ほどなくゴールデンウィークを迎える。組織によっては9連休と長期にわたる場合もあるだろう。

例年、セキュリティ機関より注意喚起が行われており、そろそろ発表される時期。2018年も早めにセキュリティ対策の事前準備を進めておきたいところだ。

長期休暇の時期においては、システム管理者が不在となる場合も多い。そのような状況だと、インシデントの発見や対応が遅れ、被害の拡大を招くこともある。

そのような事情を見越し、対応が手薄になりがちな休暇時期をあえて狙ったと見られるサイバー攻撃もこれまでに確認されている。

(Security NEXT - 2018/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
ビルシステムのセキュリティ対策GLを策定 - 経産省
2018年の個人情報漏洩は443件、想定損害賠償総額は2684億円 - JNSA調査速報
中小企業のセキュリティ強化に向けて実証事業 - IPA
ラックとTIS、クラウドとセキュリティ分野で協業 - 新サービスや共同研究など
委託時のセキュリティ責任、「知識不足」で不明瞭に
全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
セキュリティ産業を創出する人材の育成を目指した「SecHack365」 - 個性を伸ばす「しくみ」
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験