Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を

4月も中旬を迎え、ほどなくゴールデンウィークを迎える。組織によっては9連休と長期にわたる場合もあるだろう。

例年、セキュリティ機関より注意喚起が行われており、そろそろ発表される時期。2018年も早めにセキュリティ対策の事前準備を進めておきたいところだ。

長期休暇の時期においては、システム管理者が不在となる場合も多い。そのような状況だと、インシデントの発見や対応が遅れ、被害の拡大を招くこともある。

そのような事情を見越し、対応が手薄になりがちな休暇時期をあえて狙ったと見られるサイバー攻撃もこれまでに確認されている。

(Security NEXT - 2018/04/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中堅企業「情シス」、4割弱が1人以下 - 前年から7ポイント増
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
「JNSA賞」が決定 - ISOG-JやCISO支援WGなど受賞
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査
年末年始に備えたセキュリティ対策を - 1月8日の「パッチチューズデー」にも注意
セキュキャン修了生イベント、成果発表やMVPを募集
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
政府、アクセス制御技術の研究開発情報を募集
改正サイバーセキュリティ基本法が成立 - 「サイバーセキュリティ協議会」創設など
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割