Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

拘束力持つセキュリティ規則と基準を要請 - 8社が共同憲章に署名

Siemens、IBMなど8社は、ミュンヘン安全保障会議(MSC)においてサイバーセキュリティ強化に向けた共同憲章に署名した。

サイバーセキュリティの信頼性を高めたデジタルトランスフォーメーションの推進にあたり、Siemens主導のもと、大手8社が「信頼性憲章(Charter of Trust)」を提起したもの。

共同憲章にはMSCのほか、Airbus、Allianz、Daimler、Deutsche Telekom、IBM、NXP、SGS、Siemensの8社が署名。拘束力を持つ規則と基準の採択を求めており、自由貿易協定にサイバーセキュリティ規制を盛り込むことを要請した。

具体的には、官民で取り組むべきサイバーセキュリティについて、データ保護やインフラ防護など10の行動領域を掲げており、政府における専門省の設置、企業には最高情報セキュリティ責任者(CISO)の任命なども求めている。

くわえて企業では、生産現場で利用するロボットや自動運転車など、セキュリティの影響が大きい重要インフラやIoT機器において、独立した第三者機関による認証制度の創設を要請。サイバーセキュリティへの理解を育成する研修や継続的な教育の必要性に言及している。

(Security NEXT - 2018/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

決裁文書を紛失して虚偽報告、職員を処分 - 原子力規制委員会
EUに拠点や顧客を持つ半数超の企業がGDPRに無頓着 -「気にせず移転」も15%
チューリッヒ、IoT化進む製造業向けにサイバー保険 - 製造ライン停止による逸失利益など補償
JUIDA、ドローンを活用した物流の安全運用に向けたガイドライン案を公開
IoT機器メーカーなど半数が「セキュリティバイデザイン」採用 - 9割が規制を要望
IoT医療機器向けのセキュリティ対策サービス - デロイトトーマツRS
Fintech利用は20人に1人、3割超が普及に「不安」 - 情報流出やなりすまし、悪質業者参入に懸念
「675」から始まる着信履歴に注意 - 折返電話で高額料金のおそれ
プロバイダにおける迷惑メール対策導入状況を公表 - 総務省
2016年のDLP市場は56億円 - プラス成長確保も伸び悩み