Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本CISO協会、新代表理事にぴあCISOの上村達也氏

日本CISO協会は、同協会代表理事にぴあの取締役CISOである上村達也氏が、2月付けで就任したと発表した。

同協会は、企業の情報セキュリティ責任者の交流や情報交換の場を設けることを目的に、2010年に設立。CISO人材の育成や情報セキュリティ、コンプライアンスに関する政策提言や調査、研究などを行っている。

今回、同協会の代表理事として、ぴあの取締役CISO上村達也氏が就任した。同氏は就任にあたり、「日本におけるCISO人材の発掘、育成、底上げを行い、単なる情報セキュリティ対策にとどまらない企業の経営レベル向上に貢献していく」とコメントしている。

(Security NEXT - 2018/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

企業の8割、GDPR契機に保有個人情報を削減 - 信頼強化の機会との声も
「CISOハンドブック」が公開 - 経営視点に立った業務執行ノウハウを収録
約6割のCISOが非役員 - 「課長級以下」も12.5%
拘束力持つセキュリティ規則と基準を要請 - 8社が共同憲章に署名
セキュリティ管理部署を持つ組織は65% - 専任者設置企業は約1割
「サイバーセキュリティ経営ガイドラインVer2.0」が公開 - 「攻撃検知」「復旧」前提に
日立、情報セキュリティ体制を強化 - セキュリティリスク統括本部を設置
4社に1社がインシデント被害を経験 - 半数超が脆弱性突かれた被害
専任CISO設置の国内企業、3割満たず - 欧米と2倍以上の開き
セキュリティ専任者、外注や配置予定なしが半数超