Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開

日本オラクルは、マルチクラウド環境向けのサービスを拡充し、従来のサービスとあわせて「Oracle Identity Security Operations Center(Oracle Identity SOC)」として展開すると発表した。

20180206_or_002.jpg
Oracle Identity SOCのサービス群(画像:日本オラクル)

2017年より展開しているCASBサービス「Oracle CASB Cloud Service」や、IDaaSサービス「Oracle Identity Cloud Service」、「Oracle Management Cloud」などのサービス群に新製品を追加、あらたなサービスブランドとして展開するもの。

今回、サービスラインナップに同社の「CASB」や「IDaaS」などのデータをもとにデータを収集、分析して異常な振る舞いを検知する「Oracle Security Monitoring and Analytics Cloud Service」を追加。

さらにプロセスの自動化を図る「Oracle Orchestration Cloud Service」やコンプライアンスの遵守を支援する「Oracle Configuration and Compliance Cloud Service」などを加えた。

(Security NEXT - 2018/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

BoxへのVPN接続サービスに国内限定オプション - NTTコム
Google、2.7万件以上のバグを発見したファジングツールをオープンソース化
パブリッククラウド利用企業向けにセキュリティ支援 - DTRS
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
役員や経理部長のメールを機械学習、特徴からBEC検知
車載システム向けにログ分析型攻撃検知技術 - 三菱電機
AOSデータ、セキュリティを強化したクラウドバックアップ - 医療業界などへ展開
MSS事業者や社内SOC向けマルチテナント型インシデント管理ツール
ネットワーク監視やログ収集をクラウドで提供 - セキュアヴェイル
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ