Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本オラクル、セキュリティ分析や自動対処などの新サービス - SOC向けサービス群として展開

日本オラクルは、マルチクラウド環境向けのサービスを拡充し、従来のサービスとあわせて「Oracle Identity Security Operations Center(Oracle Identity SOC)」として展開すると発表した。

20180206_or_002.jpg
Oracle Identity SOCのサービス群(画像:日本オラクル)

2017年より展開しているCASBサービス「Oracle CASB Cloud Service」や、IDaaSサービス「Oracle Identity Cloud Service」、「Oracle Management Cloud」などのサービス群に新製品を追加、あらたなサービスブランドとして展開するもの。

今回、サービスラインナップに同社の「CASB」や「IDaaS」などのデータをもとにデータを収集、分析して異常な振る舞いを検知する「Oracle Security Monitoring and Analytics Cloud Service」を追加。

さらにプロセスの自動化を図る「Oracle Orchestration Cloud Service」やコンプライアンスの遵守を支援する「Oracle Configuration and Compliance Cloud Service」などを加えた。

(Security NEXT - 2018/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パブリッククラウド向けリスク可視化サービス「Evident」 - パロアルト
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
米Lastlineのクラウドメール向けマルウェア対策サービスなど提供 - テリロジー
サイバーリスク管理SaaSサービス「Tenable.io」を国内展開 - ネットワールド
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
クローズド環境で「Cylance」を利用するためのオプション2製品
AWS利用のスタートアップ企業に「Deep Security」を1年感無料で - トレンド
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
NFV向けソリューションをドコモ5G環境で検証 - トレンド
Cylance、パートナー経由でマネージドサービスを展開