Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化

2017年12月は、マルウェア感染を狙ったメールの割合が上昇した。ボットネット「Necurs」が活発化したことが原因と見られている。

20180111_sy_001.jpg
新種マルウェア亜種の検出動向(画像:Symantec)

米Symantecが、同社における2017年12月の観測状況を取りまとめたもの。

同社が同月に確認したあらたなマルウェアの亜種は4340万件で、前月と同水準だった。

2017年2月には9410万件の亜種があらたに確認されているが、その後減少傾向が続き、10月以降は5000万件を下回っている。

マルウェアの感染を狙ったメールは、431件に1件の割合で送信されており、505件に1件だった前月から上昇した。10月、11月と2カ月連続で改善していたが12月に再び割合が高まっている。

(Security NEXT - 2018/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
2019年2Qのランサム新亜種1.6万件 - 前年同期から倍増
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
標的型攻撃の72%が正規機能を悪用 - 「CSVファイル」悪用が1割強
2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果