Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月はマルウェアメールの割合が上昇 - ボットネット「Necurs」が活発化

今回、マルウェア感染メールが増加した背景には、12月後半に「Necurs」ボットネットの活動が活発化したことが影響していると同社は分析。同ボットネットはこれまでも活動と停止を繰り返しており、今回の動きが一時的なものなのかはわかっていない。

一方、同社が扱ったメールに占めるスパムの割合は55.3%で、前月より0.2ポイント減少した。ただし、2017年全体で見ると増加傾向にあり、注意が必要となる。鉱業セクターを狙うスパムが目立っており、年間を通じても同セクターを狙うスパムが58.8%を占めたという。

フィッシングメールは2109件に1件で、前月の2560件に1件から割合が上昇した。

(Security NEXT - 2018/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
国内で「Mirai」とは異なるボットネットの動きが加速
先週注目された記事(2024年4月21日〜2024年4月27日)
2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
2024年1Qのセキュ相談、「サポート詐欺」「不正ログイン」が過去最多
セキュリティ相談、前四半期比46.9%増 - 「偽警告」が倍増
初期侵入から平均62分で横展開を開始 - わずか2分のケースも
サイバー攻撃で狙われ、悪用される「正規アカウント」
先週注目された記事(2024年3月17日〜2024年3月23日)
J-CSIP、2023年4Qは脅威情報15件を共有 - 巧妙なフィッシングの報告も