Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内で「Mirai」の感染活動を継続的に観測 - セキュリティ機関が注意喚起

マルウェア「Mirai」亜種による感染活動が、11月ごろより国内において継続的に観測されているとして、関連機関が注意喚起を行っている。

20171219_jp_001.jpg
Mirai亜種によるスキャン(グラフ:JPCERT/CC)

JPCERTコーディネーションセンターによれば、同センターの観測システムにおいて、「Mirai」亜種の感染活動と見られるスキャンが、11月から12月にかけて確認されているもの。

情報通信研究機構(NICT)においても、10月31日ごろよりパケットの増加を観測。感染の拡大には、2014年に明らかとなったRealtekの「SDK」に存在するコマンドインジェクションの脆弱性「CVE-2014-8361」が悪用されていた。脆弱性が攻撃を受けると、Miraiに感染してDDoS攻撃の踏み台として悪用されるおそれがある。

(Security NEXT - 2017/12/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

家庭向けIoT機器狙う攻撃、国内発信元は3.5万件超で増加傾向
メールアカウントに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 新潟県立看護大
検索上位の詐欺サイトに注意 - 正規サイト改ざんで誘導されるケースも200件以上
メールサーバに不正アクセス、迷惑メールの踏み台に - 放送大
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開
Symantecも国内で「Bad Rabbit」を検知 - 観測ピークは発生2時間後
ウェブサイトの一部に改ざんの痕跡 - アイカ工業
ランサム「Bad Rabbit」拡散、国内サイトも踏み台に - 3.8%を日本で検出
「Petya」類似の新種ランサム「Bad Rabbit」 - ニュースサイト経由で感染誘導
総務省、「IoTセキュリティ総合対策」を公表 - 脆弱性対策や人材育成を提言